2013年7月にフリースクールとして不登校支援をしてきたNPO法人てらでは、設立当初より通信制高校との提携を行ってきました。単位制・広域通信制で3年間で卒業できます。これにより、フリースクールで学習したり活動をしながら、高校卒業資格を取得することができます。
 不登校支援の経験を活かしたフリースクールで、心と身体のサポートと合わせて、レポートのサポートを行っていきます。

3年間で無理なく高校卒業できます

NPO法人てらでは、通信制高校に新入学・転入学など、あなたの状況に合わせて高校生活をサポートします。ほとんどの場合、3年間で高校卒業ができますので、以下のような悩みを抱えている方は、まずはお気軽にご相談ください。あなたの将来の目標を応援するフリースクールです。

  • 今通っている高校で、先生や友達と会わずに悩んでいる
  • 集団生活になじめずにいる
  • 小中学校から不登校で、高校進学が不安
  • 大学や専門学校に進学して、将来を切り開きたい
  • 自分の得意を、社会で通用するまで伸ばしたい
通信制高校とは?

通信制高校は、全日制高校や定時制高校と同じく、所定の単位を取得して高卒資格を取得する学校です。
全日制高校や定時制高校は、平日学校に通いクラスで授業を受け、単位を取得しながら進級していくという方法をとりますが、通信制高校では、自宅などで個別に学習を進め、郵送やインターネットでレポートを提出し、スクーリングなどでテストを受けて単位を取得していきます。自分のペースで学習できることが通信制高校の特長です。近年では、分校やサポート校に自分のペースで週1日~週5日通学しながら授業を受けることのできる高校も増えています。

サポート校とは?

サポート校は、通信制高校に所属している生徒を支援するために設けられた教室です。駅など、交通の便が良い立地にあることが多く、講師やカウンセラーが所属しています。通信制高校と同時に入学することが多いですが、気をつけたいのは別途学費がかかることです。通学日数は週1~5回程度まで、学校ごとに様々です。サポート校の目的は、通信制高校を3年で卒業するための支援を行うことであるため、学習支援のための授業を行ったり、学習計画の相談などのケアをしています。様々な事情を抱えた生徒たちに対応するため、きめ細やかなサポートや、プログラミングや美容などの多彩な実技カリキュラムを行っている場合があります。通信制高校では学校に通う機会が少ないですが、サポート校に通うことで友だちづくりやスキルを身に付けることができます。

フリースクールてら × 通信制高校

フリースクールてらでは、通信制高校のレポート指導と並行して、社会で自立していくための多彩なプログラムを取り入れています。子どもたちが社会で活躍する5~10年後の社会を見据え、自信をもって活躍できるためのスキルを身に付けていきます。
人生100年時代に突入し、経済産業省では『新・社会人基礎力』を発表しました。これまでの人生80年時代とは、老後の生活までもが大きく変わってきています。
子どもたちが自己実現していくための力を育むために、様々な業種の現役プロフェッショナルが講師を行う社会学習講座などを、早期段階から取り組んでいます。

経済産業省「社会人基礎力」パンフレットより抜粋
説明会

入会説明は随時、個別にて行っています。また、数日間の体験入学も行っていて、在校生と直接関わる機会もありますので、フリースクールてらの雰囲気をぜひお試しください。
また、高校を卒業するためには、累積の在籍期間と単位の修得の両方が必要です。今の高校を辞めたいと考えている場合は、退学してからでは、日数や単位を引き継げない場合もありますので、事前にご相談いただくことをオススメしています。
お電話またはお問合せフォームからお気軽にお問合せ下さい。